競馬の儲けから控除額50万円を引いた額の2分の1が、課税対象の金額になります。

馬券と税金

皆さんも芸能人の方がGⅠレースなどで高配当の馬券を取った、というニュースを見たことがあると思います。

 

ではそういった高配当の馬券を取った時、税金はかかるのでしょうか?

 

結論から言えば、儲けた金額によって税金はかかります。
つまり確定申告しなければなりません。

 

馬券で儲けたお金は「一時所得」というものに分類されます。

では、いくら以上の儲けがあったら申告しなければならないかというと、一時所得には最高50万円の控除があるので、50万円以上の儲けが出た場合に課税対象となり税金として納めなければなりません。
競馬の儲けとは「払戻金-当たり馬券の購入金額」のことで、この金額が50万円を超えると課税対象になる、ということです。
課税対象の金額の計算方法は、競馬の儲け(払戻金-当たり馬券の購入金額)から一時所得の控除額50万円を引いた額を2分の1した額が課税対象の金額となります。

 

いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

例1

1点あたりの購入金額1万円を10通り、計10万円の馬券を購入し、その内の1点が的中し50万円の払戻金を受けた場合は、払戻金(50万円)-当たり馬券の購入金額(1万円)が50万円を超えません。したがってこの場合は課税対象となりません。

 

例2

1点あたりの購入金額1万円を10通り、計10万円の馬券を購入し、その内の1点が的中し100万円の払戻金を受けた場合は、払戻金(100万円)-当たり馬券の購入金額(1万円)が50万円を超えます。この場合は、{(100万円-1万円)-50万円}×1/2の計算式から24万5千円が課税対象となります。

 

どちらのケースもハズレとなった9万円分は当たり馬券の購入費用としては認められないので注意してください。
一時所得の控除額についても、毎回50万円控除されるわけではなく年間で50万円という事なので、こちらも気を付けましょう。

 

しかし、こういった法律があるとはいっても高額の払い戻しを受けた人を、一人ひとりチェックしているわけではないので、ほとんどが申告されていないのが現実のようです。