馬券の選択が収支を変えます。

馬券の種類

馬券とは正式的な呼称ではなく、正しくは勝馬投票券といいます。
馬券を購入することを勝馬投票といいます。

 

馬券で勝つ=予想的中ですが、当たって損をしたという経験を
持つ人も多いはずです。
いくら的中しても的中率だけでなく、回収率を高めることが求められます。
回収率を高めるためには、どの勝馬投票券を購入するかが大事なことになります。

 

馬券の購入方法

JRAの馬券は全国10ヶ所の競馬場、38ヶ所のウインズのほか、
電話投票、インターネット投票で購入できます。
100円単位で購入できますが、ウインズによっては500円単位、1000円単位の所もあります。

 

競馬場やウインズではマークカードに購入内容を記入して購入します。
JRAには緑、赤、青、ライトカードの4種類のマークカードがあります。
>>券種の使い分けの方法とは

 

馬券の種類

馬券選択が収支を変える
馬券の種類は全部で8通りです。
競馬で勝つというのは、収支をプラスにすることで、どの馬を購入するかは勿論ですが、
その券種でいくら購入するかも、的中率や回収率に大きく左右します。

 

【単勝】単勝式馬券
1着となる勝ち馬を当てる。
もっともシンプルな馬券。

 

【複勝】複勝式馬券
3着以内(7頭立て以下の場合は2着以内)に入る馬を当てる。
単勝に比べて的中しやすいが配当はおおむね単勝の3分の1程度になります。

 

【枠連】枠番連勝式
1.2着馬の枠番号の組み合わせを当てる。
同一枠内に2頭が入っている場合は、どの馬が入っても的中となります。

 

【馬連】馬番連勝式
1.2着馬の馬番号の組み合わせを当てる。
9頭立ての以上のレースで発売されます。

 

【ワイド】拡大馬番連勝式
1~3着のうちの2頭の馬番号の組み合わせを当てる。
1着と2着、1着と3着、2着と3着のいずれの組み合わせでも的中となります。

 

【3連複】
1~3着の3頭の馬番号の組み合わせを当てる。

 

【馬単】
1.2着馬の馬番号を順番通りに当てる。

 

【3連単】
1~3着馬の馬番号を順番通りに当てる。

 

【枠単】
1.2着馬が入っている枠番号を順番通りに当てる。

 

応募馬券

単勝式と複勝式の馬券を同時に購入できる馬券。馬券には馬名とともに、
「がんばれ!」と印字されています。

 

※もっとも高配当な馬券はやはり3連単といえます。
しかし、的中を手にするにはとても大変な券種です。

 

馬券の買い方

ながす・ながし
1つの馬(枠番)を軸にして、相手となりそうな馬番(枠番)との組み合わせを何点か買う購入方法です。
軸にした馬(枠番)から、すべての馬番を購入することを総流しといいます。

 

抜け目

軸を決めて流すときに、特定の馬番(枠番)を購入しないこと。

 

ボックス買い

馬番(枠番)を3つ以上選び、それらの組み合わせをすべて購入すること。
馬連の場合は3つ選べば3通り、4つ選べば6通り、5つ選べば10通りになります。
馬単の場合はそれぞれの倍となります。

 

タテ目

たとえば①-②、①-③を購入したときの②-③のこと。

 

フォーメーション

3連単で1着、2着、3着をそれぞれ指定いて購入すること。