馬券は勝ち馬、すなわち1着馬を当てるのが原点と言っても良いでしょう。

単勝・複勝・枠連を購入する

 

馬券は勝ち馬、すなわち1着馬を当てるのが原点と言っても良い。

 

オッズの高い連勝式に比べると、単勝や複勝はつまらなく感じるかもしれません。
ですが、単勝、複勝、枠連も侮れません。
たとえば、連勝式で200円ずつ5点買い、10倍の馬券が当たると払い戻しは2000円で、
1000円のプラスになります。
これは単勝オッズの2倍の馬を1000円購入するのと同じ考えです。

 

 

単勝の購入方法

馬単3連複の訓練にもなる
100円で応援馬券や記念馬券を購入するというファン心理がよくわかります。
ですが、それはそれとして、単勝を中心とした馬券予想は、馬単や3連単馬券を読み切るための訓練になります。
軸馬を絞る習慣があれば、馬単や3連単の買い目を絞りやすいです。

 

1本かぶり

1番人気の馬への投票数が圧倒的に多く、人気を独占している状態を1本かぶりといいます。
単勝オッズは2倍以下で、新聞では◎が集中します。
強い馬が圧倒的なパフォーマンスを見せて勝つのは競馬の王道ですが、
ビッグレースであればあるほど、大本命馬に騎乗するジョッキーにも
プレッシャーがかかります。
また、ほかの騎手も大本命馬を目標にレースを組み立てるため、
勝つためには二重三重のハードルを乗り越えなければなりません。

 

それで勝っても低配当なので馬券的には楽しみにくい状態になります。
単勝馬券で儲けるコツの1つは、本命馬を外すことです。
もし大本命馬が負ければ、上位人気馬が勝っても高配当となる可能性があります。

 

複勝の購入方法

人気薄を狙う
複勝の配当はおおむね単勝の3分の1程度で、1倍台も少なくありません。
その代わり、人気薄の穴馬券を発見したときは、馬連やワイドを何点も購入するよりも、複勝1点買いが奏功することもあります。
なんといっても的中確率は馬券の中でも1番高いからです。

 

人気馬

当たりやすいぶん、儲けの幅は非常に薄い馬券です。
人気馬の複勝は元返しもあり得ます。
複勝を購入するなら人気は気にしなくて大丈夫です。
気配がよくて展開の利が見込める馬を狙うべきです。

 

枠連の購入方法

中央競馬はそもそも6枠制連勝単式ですが、その後、8枠制連勝複式馬券に転換し、
1着・2着馬(枠)でも2着.1着(枠)でも的中としていました。
それまではハズレだった裏目でも的中といのが連勝式のセールスポイントです。
単式時代より枠を2つ増やしたことで、賭けの魅力も温存されました。
かつては馬券といえばこの枠連のことを意味し、
同枠に入った馬の好走に助けられた往年のファンは少なくありません。
ですが、馬連の登場でシェアは大幅に下がっています。
多頭数競馬で予想を絞りきれない場合など一考の余地がありますが、
勝ち馬の予想という点からは意味がありません。
迷ったときは買わない方がいいです。