BOX買いを活用して、より効率の良い馬券購入をしよう

予想の幅を広げるBOX買い

BOX買いとは、複数の馬番を選択して、その馬番号を馬券の種類に合わせて全通り購入する方法です。

 

例えば馬連で馬番号を「1」「2」「3」と選んで馬連を100円ずつBOX買いする場合は
・1-2  ・1-3  ・2-3
の3通りの馬連を100円ずつ合計300円購入する事になります。

 

同様にBOXを1頭増やして「1」「2」「3」「4」とした場合は
・1-2  ・1-3  ・1-4  ・2-3  ・2-4  ・3-4
と6通りで合計600円になり、このようにBOXに入れる馬番号が増えればBOXの組み合わせ総数も増えていきます。

 

 

馬連や3連複などの複式連勝馬券に適している馬券で、上記の例で馬単のBOX買いにした場合は単純に組み合わせが表と浦が発生して2倍に増える計算になります。

 

馬連で例えるとワイドよりも高い払い戻し金を期待する事ができて、3頭~5頭程度のBOXであれば馬券購入代金もロットを押さえればそこまで膨らみませんので的中率を高めると共に、回収率も期待できる買い方が可能なケースもあります。

 

あまりBOXの頭数を増やしすぎたり、人気馬だけの組み合わせでまとめてしまうのであれば、購入点数を少なくしてワイド等で集中して資金をかけた方が効率が良いケースもあり、馬連BOXとワイドは使い分けが重要になってきます。

 

 

他におすすめできるBOX買いは、馬連と同じ連勝複式馬券の3連複になり、3連複の場合は最低でも4頭以上購入しないとBOX買いにはなりません。

 

 

「1」「2」「3」「4」の馬番号を3連複で100円ずつBOX買いした場合は組み合わせは
・1-2-3   ・1-2-4  ・1-3-4  ・2-3-4
の4通りの400円に購入代金を抑える事もでき、とても有効です。

 

同様に「1」「2」「3」「4」「5」の馬番号の5頭で3連複をBOX買いした場合は
・1-2-3  ・1-2-4  ・1-2-5  ・1-3-4  ・1-3-5
・1-4-5  ・2-3-4  ・2-3-5  ・2-4-5  ・3-4-5
の合計10点の1,000円になります。

 

3連複の場合はBOXに入れる頭数を増やせば増やすほど、購入組み合わせが比例で大きくなる割合は馬連より高くなります。

 

4頭もしくは5頭程度でのBOX買いがおすすめと言えるでしょう。

 

3連単の場合は組み合わせ総数が3頭で6通り。
4頭にすると一気に増えて24通りとなります。

 

馬券の購入代金をロットを抑えても膨らみやすいので、3連単のBOXは強くおすすめはできませんが、3連単の場合、多少購入点数が増えても充分に取り返せる見込みがあります。

 

また3連単であれば3頭からBOX買いをする事が可能で、3連複であれば3頭選べば当然1通りの購入方法しかないですが、入着順によっては3連複の6倍以上のオッズが着くこともありますので、着順が荒れそうな時は、あえて3連複ではなくて3連単BOXを選ぶのも有効なケースもあります。

 

BOX買いは流し買いに比べても難しさもあると思いますが、上手に活用できれば使い勝手の良さもあり、馬券購入の幅を広げる事ができる馬券です。